昨日は、着付けのお稽古でした。
イベントが控えているので、時代着付けのお師匠さんが、来られていました。その、こなれた着こなしと、色の使い方に、釘付けになりました。お写真でお見せできないのが残念です。辛子色と黒色の変わり縞のお召の単衣に、卵色地に控えめな抽象柄の紬のざっくりした帯、控えめな柿色の帯締めが、お師匠さんのお年には華を添えて、また、秋を感じる素敵なコーディネートでした。



秋色の帯締め、私も少しずつ揃えています。

IMG_20180911_161731


ぱっと見て、どこの織元、有名で高価なお着物とわかるものも自分も気になるので、ヤフオク情報を揚げているのですが、どこのものかはわからないけど、その着物を魅力を充分に引き立てるような着こなしている方を見ると魅力的だなぁとおもいます。

よろしければクリックをお願いします↓